忍者ブログ
時の河を漂う船頭無きニッポン丸時の河を漂う船頭無きニッポン丸
船頭多くして船山に上る。船頭無くしてニッポン丸は沈む…?!
日本の現状を憂う、憂国のニュースブログ。
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国宝の本堂の柱などに、幅5センチ、長さ1・2~1・3メートルの落書き?!
誰だ、そんなことをするヤツは! そんなことをするヤツは、

(最高で) 罰金197万円禁固5年 の刑に処すべし!
そしてもし、不法行為を行ったのが外国人であれば、
     強制退去&3年間の入国禁止     にすべし!!

参考: チリ、イースター島のモアイの耳破壊事件
     観光記念に…と、風化して脆くなっていたモアイ像の耳たぶを壊し、その破片を持ち
     帰ろうとしたフィンランド人観光客(26)に、罰金19000ドルと強制退去&3年間の入
     国禁止の判決が下った。

と思うのですが?
日本、落書きに対して甘すぎですよ。子供のやったようなものかもしれないけど、立派な犯罪でしょう。文化財でなくても、商店のシャッターでも電車の高架でも、ダメなものはダメです。せめて、善光寺に落書きをしたヤツは、きっちりとっ捕まえて、今現存する法律(建造物損壊と文化財保護法違反)で出来る限りの対処をしていただきたいと思います。

ちなみに、シンガポールでは1993年に、アメリカ人の18歳男性が他人の車にスプレーペンキで落書きをして逮捕されましたが、このときは鞭打ち4回」の刑が執行されました。


聖火リレー辞退の善光寺、本堂に落書き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080420-00000011-yom-soci

長野市で26日に行われる北京五輪聖火リレーの出発式会場を辞退した善光寺(長野市元善町)で、20日午前5時40分ごろ、国宝の本堂の柱などに、スプレーのようなもので落書きされているのを、巡回中の同寺事務局職員が発見、長野中央署に通報した。
善光寺事務局によると、落書きは白色で、本堂の北側と西側の外壁の柱に半径約50センチの円形のようなものが6つ、北側の扉に幅5センチ、長さ1・2~1・3メートルの直線1本が書かれていた。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
卑劣!! 善光寺本堂に落書き
これを卑劣といわずして、何を卑劣というのか?
URL 2008/04/20(Sun) 19:37:15
[善光寺]中途半端な落書き
今日の聖火リレー特別編ということで。 文化財を汚損する行為は当然ながら許されないことですが、実際の状況を報道写真で見てみますと、何だか微妙な書き方やなあ、と思ってしまいます。 このような落書きがこういう時期になされたものでなければ、何者か...
URL 2008/04/20(Sun) 21:25:14
善光寺 本堂に落書き
聖火リレー辞退の善光寺、本堂に落書き(読売新聞) - goo ニュース 報道によれば20日未明善光寺の本堂に白いスプレーで6箇所落書きが有った事が判りました。 善光寺は26日の「聖火リレーの出発地」を辞退したばかりですから、その事との関連性も視野に入れて調べる必要があるかもしれません。 {/kaeru_shock1/} 善光寺はこれまでに何度も火災に遭っているようですから防災・防犯という点から備えはどうだったのでしょう? 法隆寺?の様に地面に埋め込み式の放水施設や建物本体からパイプで水が流れるなんて仕掛...
URL 2008/04/21(Mon) 09:09:40
世界時間
クリックした場所の、現在時刻を表示します。
プロフィール♪
* ジョーぢ *
パパを超える大物になるんだ!と張り切るけど、結局は怖いおじちゃんたちに、いいように使われてます。

* ぢーミル *
いつもむっつりしているし、気に入らないやつは暗殺しちゃう、とんでもないやつだけど、実は冗談好き… って、ほんと?!

* サルコぢ *
移民の子ながら頂点にまで登りつめた、努力家さん。…だけに、努力しないやつには厳しい。有名になった一言、「クズめ!」。
最新コメント
[10/26 通りすがり]
[10/24 通りすがり]
[10/24 名無し]
[10/24 大統領制に移行しよう]
[01/24 サルコぢ]
最新トラックバック
ブログ内検索
カウンター
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © 時の河を漂う船頭無きニッポン丸 All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]